エンドユーザー ライセンス契約

 

本文書は、以下に関するアイシェリフ・インク(以下「アイシェリフ」といいます。)エンドユーザー ライセンス契約(以下「本契約」といいます。)です。 (i)インストールされるアイシェリフ ソフトウエア製品並びにその関連ドキュメンテーション及び製品内に含まれるコンポーネント(以下に定義します)(以下「本件ソフトウエア製品」といいます。)、及び/又は(ii)アイシェリフ Web セキュリティ サービス、アイシェリフ エンドポイント セキュリティ サービス、アイシェリフ メール セキュリティ サービス、アーカイビング サービス及びアイシェリフが提供するその他のクラウドベースのセキュリティ サービス(それぞれ及び総称して以下「本件サービス」といいます。)。

本件ソフトウエア製品及び本件サービスをインストールし、使用される前に、お客様による本件ソフトウエア製品及び/又は本件サービスの使用に関する以下の条件を注意深くお読みください。本契約を通して、お客様を「お客様」又は「ライセンシー」と呼びます。

「同意します」、「承諾」、「インストール」又はこれらに類似する文言のボタン又はラジオ・ボタンを選択することにより、お客様は、法人組織として本件ソフトウエア製品及び本件サービスの使用を前提とし、(I)ご自身が未成年者ではなく、ご自身及びその雇用主(該当する場合)を本契約の条件によって拘束する完全な法律上の能力及び権限を有していることを表明し、また、(II)お客様自身及び/又はお客様の雇用主から授権を受けた代表者(該当する場合)を代理して、本契約によって拘束されることに同意することになり、本件ソフトウエア製品及び/又は本件サービスがインストールされます。

「拒否」、「同意しません」、「取り消し」、「停止」又はこれに類似する文言のボタン又はラジオ・ボタンを選択することにより、お客様は、本契約の条件を承諾しないことになり、インストール処理は停止します。

1. 本件ソフトウエア製品について、アイシェリフは、ライセンシーに対して、単一のユーザーによる使用のために、本件ソフトウエア製品のコピー1部、又は本契約の条件に言及した発注書(以下に定義します)又は本件ソフトウエア製品の箱に同封されたCDスリーブにおいて認められた使用制限(以下「認められた使用制限」といいます。)として指定される数量を提供します。アイシェリフは、ライセンシーに対して、本件ソフトウエア製品を、本契約の条件及び(a)ライセンシーとアイシェリフが署名したアイシェリフ発注書又は登録書式、又は(b)アイシェリフがライセンシーに対して提供するライセンス・プログラム証明書(該当する場合)(それぞれを以下「発注書」といいます。)の条件に基づいて、非独占的に使用許諾します。

2. 本件サービスについて、お客様が署名された顧客発注書又はオンライン発注書及び本契約は、本契約に基づく本件サービスについてのお客様の正式な注文になります。お客様が必要事項を記入した、有効かつ承認された顧客発注書又はオンライン発注書を受領した時点で、アイシェリフは、本件サービスの設定及び開始に関する詳細をお客様に提供するために速やかにお客様に連絡させていただきます。アイシェリフは、24時間以内に新たなアカウントを有効にするよう作業を行いますが、これは保証されるものではありません。アイシェリフは、提出された顧客発注書を拒否する権利を留保し、この場合には、お客様に対して拒否の理由をお知らせします。

3. 評価目的での本件ソフトウエア製品又は本件サービス 本件ソフトウエア製品又は本件サービスが、トライアル又は評価ベースで使用許諾されている場合には、ライセンシーは、別の期間が別途記載されていない限り、15日間の評価期間(以下「トライアル期間」といいます。)において、第1項に定める使用制限に基づいて、評価目的に限り本件ソフトウエア製品又は本件サービスを使用することに同意します。トライアル期間終了の時点で、本件ソフトウエア製品又は本件サービスを使用するためのライセンシーの権利は、自動的に失効し、ライセンシーは、本件ソフトウエア製品をアンインストールし、本件ソフトウエア製品のコピー又は部分的なコピーの全部をアイシェリフに対して返却するか、アイシェリフに対して、本件ソフトウエア製品のコピー又は部分的なコピーの全部がライセンシーのコンピュータ・ライブラリ及び記憶装置から削除され、かつ廃棄されたことを書面により証明することに同意します。ライセンシーは、トライアル期間終了後も本件ソフトウエア製品又は本件サービスの使用を継続することを希望する場合には、適用される料金で本件ソフトウエア製品又は本件サービスの使用許諾を取得するようアイシェリフに連絡することができます。トライアル期間中のライセンシーによる本件ソフトウエア製品又は本件サービスの使用は、いかなる保証も付されない「現状のまま」ベースとし、アイシェリフは、一切の保証責任(商品性及び特定目的適合性についての黙示的保証、及び本契約の別の規定で提供される明示的保証を含みますがこれらに限定されません)を負うものではありません。

4. SDK 本件ソフトウエア製品がソフトウエア・デベロップメント・キット(以下「SDK」といいます。)である場合、本項の条件がSDKの使用についてのみ、適用されます。「エンドユーザー製品」は、個人顧客又は法人IT管理者及びユーザーによる使用が意図されている本件ソフトウエア製品です。本件ソフトウエア製品は、独立して使用が可能なコンポーネント(以下に定義します)を含む場合がありますが、本件ソフトウエア製品とともに使用することのみを目的として使用許諾されるものです。SDK は、コンポーネントを組み込みかつ使用するプログラムを構築するために開発者が使用するドキュメンテーション、ツール、ヘッダー、リンク・ライブラリ、共有コード・ライブラリ、ドライバー及びサンプル・コードとともに、特定の機能及び関連する支援機能を達成する一つ又は複数のコンポーネントを含む場合があります。 SDKは、その動作においてアイシェリフ・コンポーネントを使用するソフトウエアを開発するためのライセンシーによる社内使用のみを目的として提供されます。例えば、顧客が定義するサーバからポリシーを受理し、エンドユーザーのステーションの保護を実装するオペレーティング・エージェントがあります。ライセンシーによるSDKの使用は、SDKがサポートするアイシェリフ・コンポーネントのライセンシーによる社内使用を向上する目的のみに制限されています。 本件製品に関していかなる種類の頒布権もライセンシーに対して付与されておらず、ライセンシーが、サポートされるコンポーネントをライセンシーが作成するアプリケーションの一部として販売及び使用するためには別途使用許諾が必要となります。本契約に定める使用の制限に加えて、ライセンシーは、いかなる手段でも、SDK若しくはドキュメンテーション又はSDKの実行可能なバージョンを含むアプリケーションを第三者に対して複製、開示、販売促進若しくは頒布してはならず、又はかかる実行可能なバージョンを適用ある認められた使用制限を超えて使用してはなりません。本項の条件と本契約の他の項の条件に矛盾がある場合には、SDKの使用のみに関して本項の条件が優先します。

適用される法律によって認められる最大の範囲で、かつ本契約に定めるこれに反するいかなる規定にも拘らず、SDKは、いかなる種類の保証も付されず「現状のまま」提供されかつ使用許諾されます。

5. 支払

a. 本件ソフトウエア製品について 発注書において特定される料金又はライセンシーとアイシェリフの認められたリセラーとの間で合意される料金の支払によって、ライセンシーは、発注書において特定される期間(以下「契約期間」といいます。)、本件ソフトウエアを使用する権利を与えられるものとし、かかる使用には、発注書に定める期間、メンテナンス・サービスを受ける権利が含まれる場合があります。本契約に基づいて支払われるべきすべての料金は、前払いで支払われるべきものとします。ライセンシーは、ライセンシーに対して引渡される本件ソフトウエア製品の新規リリースをそれぞれインストールします。契約期間終了後、本契約に定める本件ソフトウエア製品の継続的使用及び/又はメンテナンスが行われる場合は、ライセンシーが発注書に記載される料金を支払うことが条件となります。上記の規定に拘らず、本件ソフトウエア製品が発注書なしで本契約に基づいて使用許諾された場合には、ライセンシーは、使用許諾の効力発生日から1年間、本件ソフトウエア製品を使用する権利を与えられるものとします。上記の規定に拘らず、署名ファイルやセキュリティ・アップデートといった継続的なコンテンツ・アップデートを必要とする本件ソフトウエア製品に関して、ライセンシーは、発注書に定める期間又は本件ソフトウエア製品が発注書なしで本契約に基づいて使用許諾される場合には、使用許諾の効力発生日から1年間、かかるコンテンツ・アップデートを受ける権利を与えられるものとします。

b. 本件サービスについて お客様は、本件サービスについてのお客様の注文をアイシェリフが受領したときに、また、その後1年ごとの更新の都度、発注書に記載される本件サービスの年間料金の請求を受けることに同意します。お客様は、請求書を受領した後、本件サービスのすべての料金を前払いで支払うことに同意します。お客様は、当社が本件サービスをお客様に提供する結果、支払われるべきすべての租税に責任を負います。お客様が、アイシェリフによる本条件の違反以外のなんらかの理由により当該時点で有効な期間終了前に、アイシェリフ・サービスの提供に関する本契約を終了する場合には、年間料金の未使用部分は、返金されず、クレジットとして利用することもできません。

6. サポート及びメンテナンス

a. 本件ソフトウエア製品について アイシェリフがメンテナンスを提供する場合には、かかるメンテナンスは、アイシェリフとの発注書において特定される方法で年1回更新されるものとします。お客様の本件ソフトウエア製品のメンテナンス契約が自動更新サービスに登録されている場合、お客様の契約は、毎年自動更新され、お客様は、アイシェリフが、アイシェリフに対して提供されたクレジット・カード番号に請求することにより、お客様の契約を自動的に更新することを認めることに同意します。アイシェリフは、お客様に対して、契約満了(又はコード失効)の30日前に、お客様の契約が自動的に更新され、記録されているお客様のクレジット・カードに対して現行の更新料率に適用ある販売税を加算した金額が請求される旨ご連絡させていただきます。お客様が契約の自動更新を希望されない場合には、適宜自動更新サービスを停止することができます。お客様の注文確認電子メールには、自動更新サービスの取り消し方法について上記の説明が含まれています。すべての料金は、適用ある租税を含まない金額です。ライセンシーは、アイシェリフによる請求書の提示により、連邦、州及び地方の販売、使用、付加価値及び個人財産税を含みますがこれらに限定されない政府又は政府機関が課す関税又は租税(但し、アイシェリフの負担するフランチャイズ及び所得税は除きます。)を支払うことに同意します。かかる関税又は租税の請求から免れるためには、アイシェリフに対し、適切な文書による証拠を交付することによって裏付けられなければなりません。支払期日にライセンシーが支払っていない請求額は、月率1.5パーセント又は適用ある最高の法定利率のいずれか低い利率での遅延利息の対象となるものとします。 お客様は、適用されるメンテナンス料を支払っていない場合、 支払期限を経過した金額及び年間メンテナンス契約料を支払うことによってその後のメンテナンスを回復することができます。

b. 本件サービスについて 本件サービスは、1日24時間、週7日、年365日積極的に管理されています。サービスの水準を確保するために、アイシェリフは、通知なしで、適宜自己のハードウエア又はソフトウエアを維持、追加、交換又はアップグレードする権利を留保します。アイシェリフは、かかるメンテナンスが本件サービスの利用可能性を中断しないことを確保するよう合理的な努力をします。本件サービスの中断がやむを得ず行われる場合、アイシェリフは、メンテナンスが緊急を要する性質である場合を除いて、かかるメンテナンスを週末又は午前12時から午前6時(太平洋時間)の時間帯に行います。本件サービスの中断は可能な限り最短の時間に限定します。テクニカル・サポートについては、次の手段でアイシェリフにご連絡ください。メール: support-jp@isheriff.com

7. 使用

a. 本件ソフトウエア製品 ライセンシーは、本契約に定める本件ソフトウエア製品を、自己の独自のデータ及び自己の過半数所有子会社若しくはその他の企業のデータの処理のみのために使用することができ、使用は、発注書又はCDスリーブ(該当する場合)において特定される場所、コンピュータコンピュータ装置及び認められた使用制限に限られます。ライセンシーは、かかる制限を超えて本件ソフトウエア製品を使用することを希望する場合には、アイシェリフに対して通知するものとし、ライセンシーは、かかる拡張使用に対して請求を受け、これに適用される料金を支払うものとします。

b. 本件サービス お客様は、本件サービスのすべてのユーザーが本ポリシーを認識していることを確保する責任を負うものとします。さらに、お客様は、本規則がいかなるときにおいても遵守されることを確保する責任を負うものとし、また、お客様が本件サービスの使用を許可するユーザーが違反したことによる責任(民事又は刑事の如何を問いません。)についてアイシェリフを補償するものとします。

c. ユーザーは、いかなる状況のもとでも、故意か、過失か又は無知かの如何を問わず、本件サービスを脅かす可能性のあるいかなる行為も犯さず、若しくは試みず、又はこれを幇助若しくは教唆してはなりません。かかる行為には、本件サービスのホスト又はネットワークを破壊させる試み、本件サービスのホスト又はネットワークに対する「サービス妨害(denial of service)」攻撃、「メール爆弾(mail bombing)」攻撃、又は「洪水(flooding)」攻撃、本件サービスのホスト又はネットワークのユーザー認証を迂回する試み、本件サービスの無謀な使用(過度に大容量の添付ファイルを送信することを含みます。)、あらゆる種類のウイルス又は破損を生じさせるプログラム若しくは破損したデータの作成、送信、保存又は公表、本件サービス又はその運用に悪影響を及ぼしうるその他の行為を含みますがこれらに限定されません。 ユーザーは、以下のいずれのものも送信、保存、公表又は使用せず、これを試みず又は幇助若しくは教唆しないものとします。児童ポルノ、児童ポルノへのリンクを提供する目的のウェブページ、わいせつ又は不快な性質の物品、態様の如何を問わず違法な物品、勧誘されていない大量の電子メール(スパム)。ユーザーは、以下のいずれの不正な送信、保存、公表又は使用(但し、これが、関連する立法によって定義される「公正な利用」である場合はこの限りではありません。)もなさず、試みず又は幇助若しくは教唆しないものとします。著作物(ソフトウエア・プログラム、研究文書及び文学作品を含みますがこれらに限定されません。)、商標(ブランド名、ロゴ及び製品名を含みますが、これらに限定されず、また登録されたマークと同一又は類似する表示を含みます。)、その他の種類の知的財産(企業秘密又は特許を含みますがこれらに限定されません。)。 アイシェリフは、本件サービス又はネットワーク対する攻撃があった場合には、本件サービスを停止又は終了し、かつアイシェリフの単独の裁量で必要とみなされる防禦措置をとる権利を有するものとします。さらに、アイシェリフは、かかる禁止される行為の違反者に対して適宜民事及び刑事手続きを提起する権利を留保します。

8. 権利及び義務

a. 本件ソフトウエア製品 本件ソフトウエア製品(本契約に基づいてライセンシーに対して提供されることのあるソース又はオブジェクト・コードを含みます。)並びにドキュメンテーション、外観、構造及び組織は、アイシェリフ及び/又はそのライセンサー(該当する場合)の専有財産であり、著作権、特許、商標、企業秘密及びその他の法によって保護される場合があります。本件ソフトウエア製品又は複製、修正、翻訳、部分的な複製、翻案、又は派生物若しくはSDKの統合された部分に対する権原は、いかなるときにおいても、アイシェリフ及び/又はそのライセンサーにとどまるものとします。本件ソフトウエア製品に関する使用権は、他のいかなるアイシェリフ製品とも交換できるものではありません。各本件ソフトウエア製品は、単一の製品として使用許諾されています。その構成部品は分離して使用してはなりません。ライセンシー及びその従業員は、本件ソフトウエア製品及び本使用許諾の条件を厳密に秘密として保持し、また本件ソフトウエア製品の不正開示又は使用を防ぎ、またこれを不正開示又は使用から保護するよう最善の努力を尽くします。ライセンシーは、(i)上記制限が適用される法律のもとで明示的に禁じられている場合を除いて、本件ソフトウエア製品の開示し、逆コンパイル、逆アセンブルその他のリバース・エンジニアリングをせず、(ii)本件ソフトウエア製品に基づく派生物の創作(第4項SDKに定める、SDKは除きます。)をせず、(iii)ファシリティーマネージメントを提供するため、又はサービス事業者若しくはこれに類似する活動に関連して、かかる目的でアイシェリフから使用許諾を購入せずに、本件ソフトウエア製品のコピーを購入していない第三者のために本件ソフトウエア製品を稼働又は使用するような態様で本件ソフトウエア製品を使用せず、又は、(iv)アイシェリフの書面による事前の同意を得ずに、第三者に本件ソフトウエア製品を使用することを許可しないものとします。ライセンシーは、アイシェリフの書面による事前同意を得ずに、第三者に対して、本件ソフトウエア製品のベンチマーク・テストの結果を公表しないものとします。ライセンシーは、アイシェリフの書面による事前同意を得ずに、本件ソフトウエア製品に関して、全部又は一部の如何を問わず、製品を移転、譲渡、貸与、リース、使用、複製若しくは修正せず、又は他の者が上記の行為を行うことを認めないものとします。但し、上記の制限が適用される法律のもとで明示的に禁じられている場合、その範囲では除外されます。ライセンシーは、アイシェリフ又はそのライセンサーの専有権に関する表示を削除してはいけません。ライセンシーは、バックアップ及び災害復旧目的で合理的に必要な場合には、本件ソフトウエア製品をコピーすることができます。但し、本件ソフトウエア製品の本番使用は発注書又はCDスリーブにおいて特定される認められた使用制限に限定され、また災害復旧テストのための本件ソフトウエア製品の使用は3か月当り1週間に制限されるものとします。本件ソフトウエア製品は、アイシェリフが書面で別段の同意をなさない限り、これが購入された国の国境の範囲内でのみ使用できます(但し、発注書に別段の定めがある場合は除きます。)。本使用許諾が何らかの理由で終了する場合、ライセンシーは、アイシェリフに対して書面で、本件ソフトウエア製品のすべての複製物及び部分的な複製物がすべてのコンピュータコンピュータ及び記憶装置から削除されており、かつ、アイシェリフに対して返還されるか廃棄され、もはや使用されていないことを証明するものとします。 ライセンシーは、すべての関連する輸入及び輸出規制(米国商務省輸出管理局が採択しているものを含みます。)を遵守するものとします。本件ソフトウエア製品及び添付の書類は全て、民間の費用で開発されています。これらは、FAR2.101に定義される「商業品目(commercial item)」、「コンピュータ・ソフトウエア(computer software)」として開発されかつ使用許諾されています。かかる目的において、「本件ソフトウエア製品」及び「コンピュータ・プログラム」の用語は、本契約のもとで同じ意味を有するものとします。コンピュータ・プログラムは、民間の費用で開発されたもので、商業目的であり、かつ公表され、また、著作権の対象となっています。連邦政府機関を代理して購入する第三者は、FAR52.227-19(c)(2)又はDFAR252.227-7015に定義される「制限される権利(Restricted Rights)」付きのコンピュータ・プログラムのみを移転するものとします。すべての本件ソフトウエア製品は、出荷地点でのFOB条件で又は電子的な媒体で提供されています。検収は放棄されており、物理的な出荷又は電子的な媒体での提供のためのキー/アクセス・コードの引渡のいずれか先に到来する時点で生じたとみなされます。アイシェリフは、本件ソフトウエア製品の製造業者です。

b. 本件サービス お客様は、アイシェリフに対して、アイシェリフによるお客様に対する本件サービスの提供を可能とするために合理的に要求されるすべての技術データ及びその他すべての情報を提供するものとします。 お客様は、カスタマー・サインアップ・フォーム又はオンライン・サインアップ・フォームにおいて与えられるドメイン(及びお客様が本件サービスの起動を要求するその他のドメイン)のMXレコードがアイシェリフからの指示に基づいて調整されるよう、お客様のインターネット・サービス・プロバイダに速やかに手配する責任を負うものとします。お客様はここに、アイシェリフに対して、本件サービスの正しい動作又は問題解決のために必要な場合には、お客様のドメインのMXレコードに対する必要な変更に関して、お客様を代理してインターネット・サービス・プロバイダ(詳細は顧客発注書に記載されるものとします。)に連絡する権限を与えます。アイシェリフは、当該変更が本件サービスの性能に重大な弊害をもたらすものでないことを条件として、適宜、本件サービスの仕様を変更する権利を有するものとします。お客様は、アイシェリフが、インターネット全体の帯域の利用可能性に対して直接的な支配権を有していないこと、また、アイシェリフはその絶対的な裁量において本件サービスを常時促進するために適切とみなす努力はするものの、いかなる場合においてもアイシェリフがかかる帯域の過剰使用又は欠如によって生じる遅れに責任を負うものではないことを確認します。

9. 保証

a. 本件ソフトウエア製品 アイシェリフは、本件ソフトウエア製品がその公表されている仕様書に基づいて動作することを保証します。但し、アイシェリフの唯一の責任は、瑕疵の治癒のために業界基準に沿った合理的な努力をなすことに限定されます。本件ソフトウエア製品の動作に関する上記の保証は、これについてライセンシーが適用あるライセンス料及び年間メンテナンス料を支払っている期間、又は発注書なしで使用許諾される本件ソフトウエア製品に関しては、ライセンシーが本件ソフトウエア製品の使用許諾を取得した後90日の期間に限り有効とします。アイシェリフは、上記保証のいずれかの違反について、ライセンシーによる書面の通知を受領した後、合理的な期間内に、本件ソフトウエア製品をアイシェリフの仕様書に基づいて動作させることができない場合、ライセンシーに対する書面の通知によって本契約を終了させることができます。この場合、アイシェリフ又は認定された販売代理店は、ライセンシーが上記の保証期間中に購入受領書を付して本件ソフトウエア製品をアイシェリフ又はライセンシーが本件ソフトウエア製品を購入した認定された販売代理店に対して返却する場合に限り、かかる仕様書に適合していない本件ソフトウエア製品に対して支払われた該当するライセンス料を返金します。本項に定める保証は、トライアル又は評価ベースで使用許諾された本件ソフトウエア製品又はソフトウエア開発キットには適用しません。

b. 本件サービス お客様は、本件サービスにおけるお客様の使用利点又は商業的ニーズに関して、アイシェリフの技能、専門知識又は表明に依拠しておらず、お客様自身の技能及び専門知識に完全に依拠しています。アイシェリフは、お客様に対し、本件サービスの価値についていかなる保証もしません。お客様は、ご自身による本件サービスの使用から生ずる又はこれに関連する第三者から請求される債務からアイシェリフを補償し、かつ補償し続けるものとします。

10. 制限 上記に定める場合を除いて、本件ソフトウエア製品及び本件サービスに関して、また適用される法律によって認められる最大の範囲で、

I. 明示的か黙示的かを問わず、その他のいかなる保証(商品性及び特定目的適合性についての黙示的保証を含みますがこれらに限定されません。)もアイシェリフによってなされません。

II. いかなる場合においても、アイシェリフは、自己がかかる損害賠償の可能性について知らされていた場合であっても、ライセンシー又はその他の当事者に対して、製品の使用、動作又は修正から生ずることのある損失の請求(時間、金銭、営業権及び結果損害を含みます。)に対して責任を負いません。上記の責任の制限が適用される法律のもとで無効であることが判明した場合、かかる請求に対するアイシェリフの責任は、(i)ライセンシーによって本件ソフトウエア製品の対価として実際に支払われたライセンス料の金額、又は(ii)お客様が本件サービスの対価として実際に支払った料金、のいずれかに限定されるものとします。代理人、販売業者、又はアイシェリフの認定した販売代理店を含むいかなる第三者も、上記の保証を修正し、又はアイシェリフを代理して追加保証をなすいかなる権限も与えられていません。アイシェリフは、本件ソフトウエア製品がライセンシーの要件を満たすこと、又は本件ソフトウエア製品の使用が中断又はエラーなしで行えることについていかなる保証も行いません。さらに、アイシェリフは、本件サービスに関連していかなる種類の(明示的、黙示的、制定法に基づく、慣習的その他の如何を問いません。)表明(本件サービスの商品性、品質又は特定目的適合性、侵害しないこと、本件サービスが特定の有害なプログラム、ウイルス又は有害なコンポーネントの全部又は一部を検知、特定又は無効にすること、本件サービスが誤った肯定的な結果を出さないこと、ウイルス・アップデートがすべての有害なプログラム、ウイルス又は有害なコンポーネントに対して提供されること、本件サービスがエンドユーザーの要件に適合すること、又は本件サービスにエラーがない又はこれが中断なく動作することを含みますがこれらに限定されません。)もしません。

11. 契約期間 ライセンシーが本契約の条件の遵守を怠った場合(上記第5条に記載される支払い又はその他アイシェリフの要求を怠ることを含みますがこれに限定されません。)、アイシェリフは、本契約を終了し、かつ本件ソフトウエア製品及び本件サービスを使用するライセンシーの権利を終了させる技術的その他の措置をとることができます。

12. 譲渡 本件ソフトウエア製品について、ライセンシーは、アイシェリフの当該時点において有効なライセンス譲渡に関するポリシー(これには、本件ソフトウエア製品の使用範囲をライセンシーの事業を超えて拡張しない旨の要件を含みます。)を遵守している場合に限り、本契約を譲渡できます。本件サービスについて、お客様は、アイシェリフの事前同意なしに本契約を譲渡してはなりません。アイシェリフは、本件製品に係るアイシェリフの持ち分を承継し、かつ本契約に基づくアイシェリフの義務を引き受ける第三者に対して本契約を譲渡することができます。また、アイシェリフは、第三者に対して、本契約に基づき支払を受ける権利を譲渡することができ、又は本契約若しくはかかる支払を受ける権利に担保権を付与することができます。

13. 破産 お客様が、本契約に違反した場合、又はお客様が支払不能となった場合若しくはお客様に対して破産又は倒産管財制手続きが開始された場合、アイシェリフは、本契約に基づく自己の履行を留保し、及び/又は直ちに本契約を終了する権利を有するものとします。また、アイシェリフのその他すべての権利に加えて、本契約に基づいて支払われるべき又は支払われるべきものとなるすべての金額は、期限の利益を喪失し、直ちにアイシェリフに対して支払われるべきものとなります。

14. 不可抗力 アイシェリフは、自己の合理的な支配を超える事項(極度な悪天候、火災、戦争、テロ、市民騒乱、労働争議(アイシェリフの従業員に関わるか否かを問いません。)又は地方若しくは中央政府その他の管轄当局の行為若しくは指示又はアイシェリフ及びそのサプライヤーの合理的な支配を超える事由を含みますがこれらに限定されません。)を理由とする本条件に基づく自己の義務の履行の懈怠についてお客様に対して責任を負うものではありません。

15. 準拠法、可分性、通知 本契約は、準拠法選択の規定を除いて、日本の法を準拠法とし、かつこれに基づいて解釈されるものとします。裁判所が、本契約のいずれかの規定が違法、無効又は失効不可能であると判断する場合、残余規定は、引き続き完全なる拘束力及び効力を維持するものとします。本契約の違反についてのいかなる権利放棄も、その他の違反についての権利放棄ではないものとし、またいかなる権利放棄も、書面によりかつ権利放棄をなす当事者の授権された代表者によって署名されない限り、効力を生ずるものではありません。本契約に関する通知は、書面によってなし、アイシェリフの当該時点での本社においてアイシェリフ(法務部宛)に対して引渡されるべきものとします。

16. 第三者のソフトウエア 本件ソフトウエア製品又は本件サービスが第三者のソフトウエアを含み、かつライセンサーがかかるソフトウエアについての特定のライセンス条件を本契約に組み込むことを要求する場合には、かかる特定の条件は、ここでの言及によってここに組み込まれます。

ライセンシーは、本使用許諾を通読しかつ理解していることを確認し、また「同意します」、「承諾」、「インストール」又は類似の文言のボタン又はラジオ・ボタンを選択することによって、ライセンシーは、その条件を受諾します。また、ライセンシーは、本使用許諾(本契約に言及する注文書式を含みます。)が本目的事項に関する両当事者間の完全なる合意を構成すること、及びこれが本契約の目的事項に関してライセンシーが受領したいかなる情報にも取って代わるものであることに同意します。但し、本契約が、ライセンシーに対して本件製品の使用を許諾する、ライセンシーとアイシェリフの両者が調印した書面の契約に取って代わられる場合はこの限りではありません。本契約は、両当事者の授権された代表者によって署名される書面の契約によってのみ修正することができます。

「同意します」、「承諾」、「インストール」又は類似の文言のボタン又はラジオ・ボタンを選択すると、ライセンシーは、上記に定める本契約の条件を承諾したことになり、インストール処理に進みます。

「拒否」、「同意しません」、「取り消し」、「停止」又は類似の文言のボタン又はラジオ・ボタンを選択すると、お客様は本契約の条件を受諾しないことになり、インストール処理は停止します。

> トップへ戻る